嵐の前の箱根

「台風は偏西風に流されて必ずスライスする(右曲がり)」

と思い込んでいたが

今回の台風12号のようにフックする(左に曲がる)例外もあるようだ。

 

不思議な動きをする台風に翻弄された。

 

暑気払いをしたく高地に行く予定をたてていたが

天候の悪化を受けて断念。

変更先が何故か箱根

しかも箱根ターンパイク

 

先日訪れた寸又峡温泉はかなりの山の中にあるが

標高550mが程度であったことと比べると

箱根ターンパイク終点近くの「大観山スカイラウンジ」は標高が1011mあり

海が眼下に見えるというロケーションで

15kmほどの延長で1000mを登るという急こう配の道路の連続となっている。

 

 

  ↓ 迫りくる雲海

f:id:martintan:20180729114436j:plain

f:id:martintan:20180729114457j:plain

すっかり雲に包まれてしまうと

周囲が真っ白になり雨粒が襲ってくる

 

 

 

 

そんな迫りくる雲と雨の合間を縫って

眼下に広がる海と遠く横浜・東京の街並み方向を撮る

 

f:id:martintan:20180729115857j:plain

f:id:martintan:20180729115840j:plain

f:id:martintan:20180729115913j:plain

 

 

 

この日は、風雨が強まる前に

蕎麦屋

季節の野菜の天ぷらと

冷たい酢橘そばを食した

f:id:martintan:20180729122443j:plain

 

 

 

その後、早々に撤収し夕方には帰宅したが、

 

19時過ぎに、

「海岸沿いを走る真鶴道路で

高波により、救急車を含む数台の自動車が立ち往生している」

とのニュースがあった。

高潮と合致したのだろうか・・・

大事には至らなかったようで良かった。