小さな旅、美しい風景、写真 そして温泉と銭湯

"Japan, short trips and landscapes" "Japon,

「金時山」登山 ≪#1≫ 「乙女峠」から「長尾山」へ

鉄道唱歌』は1900年(明治33年)に発表・発売されました。

 

第1集は東海道線で、「汽笛一声 新橋を・・・」という歌詞で始まります。

 

歌詞をたどっていくと・・・

高輪泉岳寺、品川付近の車窓から見えるお台場、

川崎大師川原、鶴見神奈川を経由して横浜に到着。

 

横浜の次は大船ですが、

鉄道唱歌は、大船から横須賀線に乗換えてしまい、

鎌倉、逗子を経て横須賀の軍港まで行ってしまいます。

 

再び大船まで戻ると、大磯の海水浴場横を通って国府津まで行き

そこから御殿場線に入ります。

当時の東海道線は小田原や熱海を通っておらず、現在の御殿場線東海道線でした。

小田原、湯河原、熱海、三島を通る現在の東海道線が開通したのは、

1934年(昭和9年)に丹那トンネル開通によるものでした。

トンネル工事は、熱海山の下の丹那断層を横断するため、

膨大な湧水や崩落事故が発生し

当初に予定された工期7年を大幅に超過し、倍以上の16年を要したそうです。

 

GWの合間に箱根「金時山」に登りました。

 

管理人は冒頭の「鉄道唱歌」の通り、

国府津から7時7分発の御殿場線「沼津行き」の列車に乗り換え

7時57分に御殿場駅に到着。

 

途中、山北駅の北には丹沢湖があり、そこから「玄倉川」上流の「ユーシンブルー」へ行くことが出来ます。

 

martintan.hatenablog.com

(なお、「現在は、玄倉ダム損傷のため貯水していない」との記事を目にしましたので、訪問を計画される場合は情報確認をお願いします。)

 

御殿場駅から「天悠行き」箱根登山バスに乗って、8時40分に「乙女峠」バス停に到着しました。

本日の登山予定は

乙女峠」バス停から「乙女峠展望台」、「長尾山」を経由して「金時山」に登り

頂上の「金時茶屋」で「まさカリーうどん」を食べ

「公時神社」経由で下山、麓付近で日帰り入浴して帰ります。

初心者クラスに適したルートだと思います。

 

標高は800m弱。

バス停から少し先に進み、左手の登山道に入ります。

最初に目指すは「乙女峠展望台」です。距離はおよそ1.2km。

 

乙女峠展望台」に到着。

「富士見三峠」の一つと言われているそうです。

鎌倉街道の甲斐「御坂峠(みさかとうげ)」、東海道清水の「薩埵峠(さったとうげ)」そして箱根越え古道「乙女峠」です。

 

次は、「長尾山」(標高1144m)を目指します。

右手に箱根「大涌谷」が見え、微かに硫黄の匂いが漂ってきます。

 

「長尾山」(標高1144m)山頂に到着。
山頂は樹木に囲まれ眺望もない平らな広場で、

標識が無ければ山頂とは分からないほど。

 

「長尾山」を後にして「金時山」を目指します。

 

 

 

 

 

今日の二枚 ― 箱根「金時山」登山道から富士山を見た ―

GW連休の合間の平日

休みを取って箱根「金時山」に登ってきました。

乙女峠バス停からスタート、長尾山を経由して登り

金時神社を経由するルートで下山しました。

 

富士山は西北西の方向になります。

 

 

この日は薄曇りの天気でしたが、

上部に雪を残した見事な「富士山」を見ることが出来ました。



 

「杜若(かきつばた)」「あやめ」「菖蒲」を見分ける

いずれも奇麗な花を咲かせます。

見た目が似ているので混同し易いですね。

見分け方を勉強しました。

 

見分けポイントは次の3点です。

① 花が咲く時期

② 群生する場所

③ 花びらの特徴

 

 

① 開花時期

    カキツバタ 5月中旬

    アヤメ   5月中旬~下旬

    菖蒲    6月~7月中旬

 

② 場所

    カキツバタ 水中

    アヤメ   陸上

    菖蒲    水際・水辺  

 

③ 花びらの特徴

    カキツバタ 花びらの根元に白いひと筋

    アヤメ   花びらの根本が網目模様

    菖蒲    花びらの根本に黄色い模様 

 

では、画像で確認してみましょう。

 

カキツバタ」 白いひと筋(知立「無量壽寺」にて)

 

「アヤメ」 網目模様 (知立市旧東海道の道端にて)

 

「菖蒲」根元に黄色い模様 (期間限定で開園される桑名市「諸戸氏庭園」にて)

こちらの方が分かりやすいかも

 

「杜若(かきつばた)」「池鯉鮒(ちりゅう)」「八橋」「唐衣(からころも)」

標題を見て、

「ああ。江戸時代の東海道53次 39次の宿の話だね」と思う人

平安時代在原業平が都に残してきた妻を思って詩を読んだところだね」と思う人

「京都銘菓の『八ッ橋』の名前の由来となったところだね」と思う人

いろいろでしょうね。

 

5月初旬から中旬にかけて、「かきつばた」の花が最盛期を迎えます。

 

最寄り駅は、名鉄三河線三河八橋駅」になります。

名古屋駅から電車に乗って1時時間弱。

 

 

「からころも

 きつつなれにし

 つましあれば

 はるばるきぬる

 たびしぞおもふ」 by 在原業平

 

左端の字を縦に読むと「かきつばた」となる有名な詩です。

 

この辺り、現在は「知立(ちりゅう)」と書きますが

昔は「池」「鯉」「鮒」を揃えて「ちりゅう」と読んでいたようです。

「いけ」に「こい」に「ふな」

 

「かきつばた」は知立市の花であり、愛知県の花でもあります。

 

臨済宗妙心寺派「八橋山 無量壽寺」の境内にある

「八橋かきつばた園」で見ることが出来ます。

昨年5月15日に訪問したのですが

例年に比べ開花が早く、この頃にはかなりの花が散りかけていました。

開花状況を確認してタイミングよく訪問されることをお勧めします。

 

では、残った数少ない満開の「カキツバタ」をご覧ください。

当時は、カキツバタを愛でながらお茶を楽しんだのでしょうか。

 

 

 

向こうに咲く紫にピントをあわせ

 

手前で咲く白にピントをあわせてみる



名鉄知立駅」に行く途中、旧東海道の松並木に沿って咲いていた「カキツバタ

ちょうど満開でした。

 



 

 

 

「杜若(かきつばた)」今日のいち枚 ― 知立市八橋 ―

昨年5月に、愛知県知立市八橋の「八橋かきつばた園」にて撮影

花びらの根本にある「ひと筋の白」が「杜若(かきつばた)」の花の特徴だそうです。

「蒼ざめたる馬」 ー 蹂躙され破壊しつくされたウクライナの映像を見て ―

神が手により七つの封印で閉ざされた巻物。

その封印を解くことが出来るのはイエス・キリストのみ。

 

第一の封印を解けば白い馬が、

第二の封印を解けば赤い馬が、

第三の封印を解けば黒い馬が。

そして第四の封印が解かれしとき現れたのは「蒼ざめたる馬(a pale colored horse)」

 

 

ヨハネ「黙示録」第六章八節

「第四の封印を解き給ひたれば、第四の活物の「来たれ」と言ふを聞けり。

 われ見しに、

 視よ、蒼ざめたる馬あり、之に乗る者の名を死といひ

 陰府これに随ふ。」

 

f:id:martintan:20220330162705j:plain

 

 

 

一刻も早い戦争の終結を祈るとともに

ウクライナで苦しむ人々を支援します。

あまりに微力ではありますが。。。

 

 

ウクライナに限らず、

東欧諸国の歴史はまことに複雑で心締め付けられる出来事が繰り返し起きています。

蒙古やらイスラムやらナチスドイツやロシアに蹂躙され

更には、民族や宗教や思想の違いによって東欧諸国同士で反目しあう関係もありました。

アジアやアフリカ、アメリカにおいても、同様の悲劇が起きています。

 

日本に暮らす者の一人として、

東アジア、東南アジア、極東の国々が

これらを「他山の石」と為さんことを切に願います。

南無阿弥陀仏

 

 

 

横浜散策「野毛の春」 ― 昭和の街並みと摩天楼と桜 ―

つくづくモノクロームが似合う街ですね、野毛は。

 

そんな中、桃色の花を咲かせた桜が

春先の野毛を彩っています。

 

昭和の雰囲気漂う野毛の通りの遥か向こうには

摩天楼(Skyscraper)と大きな観覧車(Ferris wheel)が聳え立っています。

 

親しい先輩や友人たちと

昼過ぎからビールや日本酒を飲んで管を巻いていたら

いつしか日が暮れてきました。

横では、先輩が解けかかった靴紐を結びなおそうとして

前乗りに転びかけています。(危ない!)

 

気が付けば桜木町の駅前です。

知らぬ間に随分と歩きました。

 

桜のトンネルと「百々ヶ峰」悲話 

四月前半で5日連続の夏日

桜の開花宣言から瞬く間に

満開、桜吹雪、葉桜へと進んでしまいました。

 

四月初旬のこの日

「ながら川ふれあいの森・四季の森センター」は桜満開で

桜のトンネルもありました。



f:id:martintan:20220411164811j:plain

 

「百々ヶ峰」は過去に少々冷遇されていたようです。

1923年(大正12年)に「百々ヶ峰」という名称がついたのはここではなく

標高341mの現在は「西峰」と呼ばれている地点で、

岐阜市の最高峰は「無名」という状態だったそうです。

84年後の2007年(平成19年)に、ようやく最高峰の地点が「百々ヶ峰」という名称を得ました。

金華山」に忖度したのでしょうか?

 

 

昨日、アクセス数が49000を越えました。

ご訪問、スターマーク、ブックマーク、コメントありがとうございます。

アクセス5万回達成にむけ書き続けて参りますので

今後ともご支援のほどよろしくお願い致します。

百々ヶ峰と権現山≪#2≫  ―「百々ヶ峰」 岐阜市最高峰(標高417m) ―

建物の左に見える階段を使って「権現山」から下り

管理用道路まで戻ってきました。

お手洗いと休憩所があります。

 

休憩所で軽めのブランチをとっている時、

この近くに住んでいる70代後半の男性から話をうかがいました。

こうした出会いは山歩きの楽しみの一つです。

 

気温12℃。

休憩所の眼前にははるか向こうまで山なみが連なっています。

とても元気そうなこの方は

週に2~3日、「百々ヶ峰」に登り、

家に帰る途中で「三田洞神仏温泉」に入るのだそうです。

「三田洞神仏温泉」は天然温泉で

60歳以上の岐阜市民なら入浴料が200円とのこと。

 

日々足腰を鍛え、銭湯よりも安価な天然温泉に入る。

いやぁ、恵まれていますね。

 

画面左の階段から、百々ヶ峰を目指します。

途中、見晴らしのいい場所があります。

 

頂上直前の階段です。

画面中央を左から右へ蛇行している太い線が管理用道路

画面上の「373.3」と書いてあるのが「権現山」

長良川岐阜城は画面の下側になります。

 

頂上の展望台からの眺望は素晴らしい。

頂上のベンチで食事をとるグループが多いのも頷けます。

 

霞んではいますが、名古屋駅前の高層ビル群が見えます

 

画面左に「木曽三川公園」のタワーも見えます

先日の「金華山」「岐阜城稲葉山城)」の写真も
この展望台から撮りました。

 

勧められた「三田洞神仏温泉」を目指して下山開始です。

道は整備されています。

 

 

「三田洞展望広場」まで来ました。

 

冬の「三田洞展望広場」では、「餌を用意すればヤマガラが寄ってくる」との話も聞きました。

朝、通った「権現山」への分岐点まで戻ってきました。

左へカーブする管理道路から右上に伸びる未舗装道路に入れば権現山に向かいます。

鯉の姿が見えます。

 

駐車場付近まで下りてきました。

桜満開です。

 

 

三田洞神仏温泉の近くにある白山神社です。

 

この後、「三田洞神仏温泉」の湯に浸かったのは言うまでもありません。

予想通り、お年寄りが多かったです。

 

詳しくは ↓こちらを。

三田洞神仏温泉

 

注意点は、

ボディーソープ、シャンプー等の備え付けが一切ないので

タオル・バスタオルと一緒に持参する必要があります。

ただし、販売もしているのでご安心ください。

 

次回は、百々ヶ峰のちょっと悲しい話を。

百々ヶ峰と権現山≪#1≫ ―権現山(標高370m) ―

岐阜市の山といえば・・・「金華山」。

岐阜城がある山です。

ロープウェイを使えば容易に山頂まで行くことが出来ます。

登山の対象としても、幾つかの登山ルートがあって人気の山です。

martintan.hatenablog.com

 

 

 

しかしながら、岐阜市の最高峰は「金華山」(標高328.8m)ではなく

長良川の対岸北側に位置する「百々が峰」(標高417.9m)です。

管理人は、そのことを最近知りました。

 

百々ケ峰に登るルートは幾つもあるようですが、

今回のスタート地点は「ながら川ふれあいの森 四季の森センター」という

岐阜市の広大な自然公園の駐車場です。

駐車場から舗装された管理用道路をしばらく進み

途中から左に折れ、登山道に入り「権現山」を目指します。

権現山を下りて休憩所を経由して「百々ヶ峰」に登るというルートにしました。

 

スタート地点の駐車場の標高は60mほど。

駐車場は満開の桜で囲まれていました。

天気は、曇り気味です。

f:id:martintan:20220408143857j:plain

 

管理用道路のゲートの右手の歩行者用の入り口から入ります。

f:id:martintan:20220408144054j:plain

f:id:martintan:20220408153052j:plain

 

途中、えん堤で作られた池を巡る遊歩道がありました。

f:id:martintan:20220408153109j:plain

「アズマヒキガエル」の生息地との説明書きがありました。

f:id:martintan:20220408153125j:plain

桜が咲く今頃が繁殖の時期だそうです。

f:id:martintan:20220408153140j:plain

 

この辺り、桜が奇麗に咲いています。

f:id:martintan:20220408153158j:plain

f:id:martintan:20220408153308j:plain



f:id:martintan:20220408141551j:plain



このまま管理道路を進み最短で百々ヶ峰を目指すルートもありますが

左手の登山道に入り権現山(標高373.5m)経由で行くことにします。

 

桜咲く遊歩道を越え

管理用道路が川を横切り右に大きく曲がる地点で、左手の登山道に入ります。

f:id:martintan:20220408154010j:plain

管理用道路をそのまま進めば、権現山から百々が峰に向かう登山道の中間点にある休憩所およびトイレまで行くことが出来ます。

丸太で作られた階段を登っていきます。

 

「権現山(標高370m)」山頂に到着しました。

 

 

山頂の表示があまりに慎ましやかなので拡大してみます。

権現山の標高は370mと書かれていることが多いのですが、

看板の標高は375mとなっています。

国土地理院の標高地図を見たところでは373mはありそうです。





山頂には「白山神社」が祀られています。

 

「権現山」山頂から進路を右に変え

「百々ヶ峰」を目指して少し下ります。