長良川鉄道≪#6≫ ― 郡上八幡の美味しい蕎麦屋と岐阜県の隠れた観光地紹介 ―

雪に埋もれた美濃白鳥駅から郡上八幡駅まで戻り

遅くなった昼食の店を探すことにしました。

 

郡上八幡駅は郡上八幡市の中心部と少々離れています。

本日の来訪目標の一つ「日本まん真ん中子宝温泉」を楽しむためには

郡上八幡駅の近くで昼食をとれればベストです。

 

駅に併設された観光案内所兼喫茶店郡上八幡駅舎カフェ」で

「駅周辺で美味しい蕎麦屋さんはありませんか?」と聞いたところ

「そば八」という店を紹介してもらいました。

ekisya-cafe.com

 

「駅を出て右手に進み、踏切を越え、

国道156号線に出たら左折、そこから50~100m左側」

と分かりやすく教えてもらったのですが、

積雪で足元は悪く道幅も狭くなっているので

ちょっとの距離が遠く感じられます。

f:id:martintan:20210115103934j:plain

f:id:martintan:20210115104049j:plain

道の途中に立っていた方に再確認。

今歩いている方向で間違いないようです。

10分足らずで「そば八」さんに到着しました。

 

www.sobahachi.com

 

さすがに冷たい蕎麦は食べる気がしなかったので

久しぶりに「ニシン蕎麦」を単品で注文。

f:id:martintan:20210115101939j:plain

布袋様のようなお腹になってきた管理人は密かにダイエット中。

 

関西出身の友人から「関西人は、蕎麦と言えばニシン蕎麦。干したニシンをお茶で煮てから味付けする」と聞きました。

そば八さんのニシン蕎麦も大変美味でした。

 

 

長良川鉄道、国道156号に沿って流れる長良川とトラス橋の氷柱

f:id:martintan:20210115133903j:plain

f:id:martintan:20210115133811j:plain

f:id:martintan:20210115134121j:plain

 

f:id:martintan:20210115150716j:plain

f:id:martintan:20210115150806j:plain

f:id:martintan:20210115150855j:plain

 

 

郡上八幡市の中心部は「郡上八幡駅」から少し離れています。

中心部には、名水として有名な「宗祇水」や郡上八幡城などがあります。

 

岐阜県の観光名所と言えば、白川郷合掌村、高山、下呂温泉金華山岐阜城あたりが出てきますが、岐阜県にはまだまだ隠れた観光名所があります。

最後に、郡上八幡中心部について駅で聞いた話を紹介します。

 

 

岐阜県は海に面していないので、位置関係が曖昧な方が多いかと思います。

名古屋(愛知県)と日本海側の福井県、石川県、富山県との間にあります。

愛知県、三重県滋賀県福井県、石川県、富山県、長野県の7県が接しています。

 

f:id:martintan:20210115134921g:plain

上の地図で、

右側のJR高山線国道41号線、飛騨川に沿って上(北)の方に行くと、下呂温泉や高山に行きます。

以前に紹介した静かな滝「横谷渓谷」は、その途中の飛騨金山駅付近にあります。 

 

martintan.hatenablog.com

 

上の地図の真ん中から少し下に斜めに伸びる国道418号で左(北西)方向に向かうと根尾方面に行きます。

樹齢1500年と言われる「薄墨桜」が有名です。

JR東海道線「大垣駅」から薄墨桜がある「樽見駅」まで、三セク鉄道の「樽見鉄道」が走っています。

 

根尾と郡上の中間くらいに、長良川の支流「板取川」が流れていて

こちらには「モネの池」「川浦渓谷」があります。

こちらへの交通手段は自動車に限定されます。

 

martintan.hatenablog.com

 

 

martintan.hatenablog.com

 

 

martintan.hatenablog.com

 

 

 

郡上八幡駅から郡上八幡の中心部までは、「まめバス」という名称のコミュニティーバスが走っています。

2021年1月現在の時刻表によれば、郡上八幡駅を毎時15分に発車する

左回り(逆時計回り)の「あかバス」で10分ほどの「城下町プラザ」まで乗車して、

そこから徒歩で廻るのが良いそうです。

料金は片道100円。一日乗車券200円と格安料金になっています。

https://www.city.gujo.gifu.jp/life/docs/community_bus_directions_201702.pdf