江ノ電と鎌倉人三昧(その2) -画像で見る江ノ電の魅力(運転士さんの目に見える景色)ー

梅雨入りが発表されて以降

空模様がはっきりしない日が続いている

 

今回の江ノ電と鎌倉訪問は梅雨入り直前の穏やかな陽気に恵まれ

撮影位置も絶好の位置を確保することが出来

車窓からの写真を数多く撮った。

 

鉄道オタクでもない方々には迷惑かと危惧しつつも

その風景を皆さんにも楽しんでいただきたいと思う。

老婆心ながら、

私は運転士さんでもなく車掌さんでもなく

撮影は全て客室もしくは線路外から撮影したものです

 

第二弾は言葉少なく

画像の羅列で。

 

f:id:martintan:20180608090449j:plain

f:id:martintan:20180608090518j:plain

f:id:martintan:20180608090624j:plain

 ↑路面電車状態

 

 

f:id:martintan:20180608090915j:plain

f:id:martintan:20180608090937j:plain

 ↑ (再掲)右の家の正門の先は・・・間違いなく線路、そして小さな踏切

 

 

f:id:martintan:20180608091000j:plain

 ↑右手の家の軒先が「接触するんじゃないか」と感じるほど

 

 

f:id:martintan:20180608172217j:plain

f:id:martintan:20180608091121j:plain

 ↑ 上下線の擦れ違い区間

 

f:id:martintan:20180608091152j:plain

 ↑ 途中にはトンネルもある

 

f:id:martintan:20180608091226j:plain

 ↑ 両側の紫陽花が満開  箱根登山鉄道にもこんな風景があったような・・・

f:id:martintan:20180608091247j:plain

 

 

最後に

「犬の散歩を楽しむ人」

f:id:martintan:20180608091355j:plain

 

 

 

 

martintan.hatenablog.com