街中の風景 ―川辺の小路と満開の花と舟―

アップしたい記事は幾つかあるんだが

2月も終わりが近づいたこの時期

寒さが少し緩んだのを幸いに

街中に出かけた。

 

その折、街中の川辺の小道と満開の梅、川を下るカヌーを撮ってみた

 

f:id:martintan:20180225202159j:plain

    ↑ 川辺の小路

f:id:martintan:20180225213242j:plain

 

f:id:martintan:20180225202251j:plain

  ↑ 見事に咲いた川沿いの梅。 桜じゃないか!?

 

f:id:martintan:20180225202355j:plain

  ↑ 都市河川を下るカヌー・・・ちょっと不思議

 

帰途、

山岳風景写真家の大島隆義さんの写真展が開催されていたので

お邪魔した。

 

大島さんを存じ上げていたわけではなく

偶々の訪問だったが、

プロの写真家のレベルの高さに圧倒された。

 

また、和紙に印刷された風景画も

独特の雰囲気があって見事だった。

 

東山画伯の絵や

大島さんの印刷された見事な写真を拝見し

また話をうかがうことで

啓発させられるものがたくさんある。

実際の絵画や印刷された写真には

そこからあふれ出ている何か(something)がある。

 

 

www.takayoshi-oshima.com

 

大島さんの和紙に印刷された柔らかな風景画の写真展は

3月5日(月)13時まで開催されているとのこと。

場所は、名古屋市中区錦1-11-20 大永ビル2階

是非ご覧あれ。

 

 

ついでに、先日撮った名古屋大津通のイルミネーションを載せておく

f:id:martintan:20180225215124j:plain

 

f:id:martintan:20180225215443j:plain