三大英傑 《#2》 ― 羽柴秀吉 ―

 

f:id:martintan:20190319132800j:plain

 

第二弾は、「歩きながらのスマートホンをなくそう」とするポスターで、

今回の主役は羽柴秀吉

 

秀吉が持つスマートホンで、

「ケキョケキョ」という着信音とともに、

茶々(淀君)からの着信という画面表示が出る。

横にいる正室の「北の政所」は「(着信は)誰からかなも?」と

秀吉に尋ねる。

秀吉は「ところかまわずはダチかんわぁ」という言葉とともに

困ったような嬉しそうな顔をする。

茶々(淀君)の悪戯っぽい顔つきも秀逸である。

 

この寸劇は

「歩きスマホをなくそう」というよりは「列車内では電源を切るかマナ―モードに」

という趣旨だろう。

 

「ダチかんわ」という名古屋弁は今ではほとんど死語になっていて、

50歳前後の人が「親の世代で使っていたような記憶がある」という程度だ。

ちなみに「ダメだよ」とか「役に立たない」という意味である。

北の政所の言葉の最後についている「なも」も

「上品な言葉遣い」だが今では殆ど使われない名古屋弁である。