江ノ電と鎌倉・人三昧(その4) ー浄智寺で元気をもらうー

「宝所近在」

浄智寺の総門に掲げられている額

f:id:martintan:20180616143954j:plain

f:id:martintan:20180616144025j:plain

 

「悟りの世界はもう近い。頑張れ」という励ましとお聞きした

 

浄智寺

1283年に創建された臨済宗鎌倉五山第4位のお寺である

最盛期には500人ほどの人がいたとのことだが

今は物静かな魅力あふれる寺院である

 

奥には澁澤龍彦さんのお墓があり

以前、お参りに行ったことがある。

f:id:martintan:20180618165422j:plain

 

f:id:martintan:20180618165245j:plain

f:id:martintan:20180618165322j:plain

 

 

f:id:martintan:20180618165531j:plain

 

 

f:id:martintan:20180618165550j:plain

 

f:id:martintan:20180618165611j:plain

 

f:id:martintan:20180618165637j:plain

 ↑ 狭い隧道の奥は行き止まり

 

 

f:id:martintan:20180618165708j:plain

  ↑ 竹林

 

 

f:id:martintan:20180618165732j:plain

  ↑ この隧道を通り過ぎると・・・鎌倉・江の島七福神の一人

 

f:id:martintan:20180618165752j:plain

  ↑ 布袋様の像があり、人々に触られたお腹の部分は色が違っている

    布袋様のお腹に触れると元気になるそうだ

   (当然、しっかり触りましたよ^^)

 

 

 見事なガクアジサイf:id:martintan:20180618165820j:plain

f:id:martintan:20180618165839j:plain

 

  心落ち着く和室の眺め

f:id:martintan:20180618165901j:plain

 

この日の浄智寺にも多くの観光客が訪れていたが、

落ち着いた雰囲気は損なわれていなかった。

 

次回は

「駆け込み寺」「縁切寺」と呼ばれている東慶寺