阿寺ブルーと森林鉄道の遺構≪#8≫  ―「淵」の「透明な青」その1- 

阿寺渓谷の阿寺ブルーは流れが緩やかな#「淵」で見ることが出来ます。

阿寺の「淵」には動物に因んだ名前がつけられています。

「狸が淵」「犬帰りの淵」「熊が淵」「牛が淵」などなど。

 

淵では、川底まではっきりと見えるので深さがよく分かりません。

水温も低く(7月の平均水温13℃、8月の平均水温16℃)

大桑村観光協会のホームページでは

BBQ、花火、水遊び、飛び込み禁止と書いてあります。

また携帯は圏外だそうです。(でした)。

ご注意ください。

 

では、阿寺渓谷の「淵」の「透明な青」を二回に分けて掲載していきます。

f:id:martintan:20211013111221j:plain

f:id:martintan:20211013122017j:plain

f:id:martintan:20211013125103j:plain

 

#「狸が淵」です。

f:id:martintan:20211013111606j:plain

f:id:martintan:20211013111707j:plain

f:id:martintan:20211013111753j:plain

f:id:martintan:20211013115541j:plain




#「犬帰りの淵」では林道が橋を渡って右岸側に移ります。

橋のから上流側に広がっています。

f:id:martintan:20211013115641j:plain

f:id:martintan:20211013115731j:plain

f:id:martintan:20211013115854j:plain

f:id:martintan:20211013115954j:plain


JR野尻駅に戻る帰途、「犬帰りの淵」では外国人らしき三人が泳いでいました。

川底の白い石まで見えますが、実際はかなりの水深のようです。

f:id:martintan:20211013110117j:plain