鬼滅の刃の聖地「鬼岩公園」#2  ― 「一刀岩」―

#1から間が空いてしまって申し訳ありません。

鬼滅の刃の話は詐欺か!」というお叱りの声が聞こえてきそうです。

 

鬼岩公園案内図を再掲します。

f:id:martintan:20210601091513j:plain

#1で書きましたように、

真ん中のオレンジ色のルートを案内図の下(鬼岩ドライブイン)から上に向かって登り

赤い「もみじ橋」まで来ました。

f:id:martintan:20210615112101j:plain

そのまま行けば松野湖ですが、

本日は、「一刀岩」と名付けられた「蓮華岩」を通る

案内図左側のルートで,

更に少し登り、その後下りていきます。

 

「もみじ橋」を過ぎ、左手のルートを通って登っていきます。

f:id:martintan:20210615113213j:plain

途中に、前回紹介した「御智那岩」の横を通って登っていきます。

f:id:martintan:20210615113326j:plain

蓮華岩休憩所に到着しました。

f:id:martintan:20210615113536j:plain

ここからは、松野湖、晴れていればその先に笠置山、恵那山が見えるようです。

f:id:martintan:20210615113847j:plain

f:id:martintan:20210615114011j:plain

画面中央の遠方の山は、おそらく「笠置山

 

f:id:martintan:20210615114352j:plain

休憩所の左下に「蓮華岩」またの名を「一刀岩」があります。

f:id:martintan:20210615114508j:plain

 

 

将来は「鬼滅隊」の一員となるべく、子供さんが厳しい修行をしていました。

ご両親は修行状況を写したカメラの画像をチェックしているようです。

f:id:martintan:20210616091228j:plain

 

f:id:martintan:20210615114609j:plain

   ↑ 一刀で裂かれた岩の痕

 

 

一刀岩を上から見ると ↓こんな感じです

f:id:martintan:20210615114912j:plain

 

一人の男の子が、岩を切りつけるカタナに力が入り過ぎて

手を強く岩にぶつけてしまい泣きじゃくるのもご愛敬。

一番の薬は、甘いジュースだったようです。

「お館さまぁ・・・」

 

下山していきます。

途中「双つ岩休憩所」という東屋がありました。

f:id:martintan:20210616083902j:plain

その付近から、右ルートを登る途中にあった展望岩を俯瞰できます。

f:id:martintan:20210616083601j:plain

f:id:martintan:20210616083622j:plain


 

f:id:martintan:20210616084022j:plain

 

 

f:id:martintan:20210616085320j:plain

 

下山ルートは「峯伝いの散歩道」と名付けられているようです。

f:id:martintan:20210616085410j:plain

どれが「烏帽子岩」だったのか分かりませんでした。

 

鬼岩公園にまつわる歴史的な言い伝えを記した案内板があります。

石川五右衛門まで登場しています。

f:id:martintan:20210616085813j:plain

出発地点まで戻ってきました。

f:id:martintan:20210616085956j:plain

標高差100m程度で、

途中の巨石・奇岩は道中を飽きさせないし

洞穴深くに佇む鬼はいるし

子供を連れていくにはモッテコイの公園です。

しかし、

途中、子供から目を離してはいけませんね。

特に小さな子供は手を繋いでいた方が良さそうです。

 

今年2021年2月の暖かな週末の一日でした。

 

6月7日に、アクセス数が38000回を超えていました。

我慢強く訪問して下さる読者の方々に厚く御礼申し上げます。

 

根拠もなく「安全・安心」を連呼は致しません。

気まぐれさの度合いが増している本ブログですが、

今後ともご支援のほどよろしくお願い致します。