小さな旅、美しい風景、写真 そして温泉と銭湯

"Japan, short trips and landscapes" "Japon,

「春の雪」の終着点「月修寺」 ― 「圓照寺」山門を訪ねて ―

「スグキテクレ。タノム。サクライセン、オビトケノ、クズノヤニイル。コノコト、チチハハニハ、ゼッタイシラスナ。マツガエ、キヨアキ」

(三島由紀夫作『豊饒の海』「春の雪」より)

 

(「春の雪」をまだ読んでいない方は、ここから先へは進まないでください。

ネタバレが含まれています。)

 

 

 

 

 

 主人公の松枝清顕は

大正4年2月22日から

帯解(おびとけ)駅前の商人宿に泊まり、

剃髪した綾倉聡子に会うべく

雪降る中を月修寺の山門に通い詰める。

2月26日、熱に浮かされ崩れ落ちそうになりながら最後の訪問をするも

聡子に会うことは許されず虚しく宿に引き返した。

冒頭は

急激に病に侵されていくなか

友人の本多繁明に打った電報文です。

 

帯解駅はJR万葉まほろば線の駅です。

今は無人駅になっています。

帯解駅から圓照寺山門までは約2㎞。

 

数日後、清顕は夢日記を本多に託し

20歳で短い人生を全うします。

夢日記と左脇の三つの黒子を基軸に

新たな輪廻転生が始まり

奔馬」「暁の寺」「天人五衰」へと

物語は進んでいきます。

 

こんな電報の文章を思い出しながら

目指すは「月修寺」のモデルとされる「圓照寺」。

 

ここは一般公開をしていない尼寺。

静寂が全てを支配しています。

f:id:martintan:20201108132415j:plain

 

 

 

宮様の許嫁となった綾倉聡子は

幼馴染の松枝清顕から無理を迫られ

密会を重ねた末に妊娠したが、

隠密裏に堕胎させられた後

剃髪して仏門に入ることを許され

月修寺の尼僧となります。

 

月修寺は

「豊穣の海」の最終編『天人五衰』の

ラストシーンにも登場する物語の鍵となる場所です。

 

 

映画「春の雪」で綾倉聡子を演じた主演女優「竹内結子」さんの

御逝去を悼みご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

また、

本日、アクセス数が31000を越えました。

本ブログを訪問して下さる多くの方々に心より御礼申し上げます。