飯田線の秘境駅 《#10-2》 「田本駅」に列車が停まり出発していく

近くの集落を目前にしながら続行を断念し

田本駅近くまで戻ってきました。

 

駅に辿り着く直前に

豊橋方面から列車が来ました。

f:id:martintan:20201005095221j:plain

f:id:martintan:20201005095007j:plain

 

乗降客は見当たらず

車掌さんだけが安全確認をして

列車は発車し

暗いトンネルの中に消えて行きます。

f:id:martintan:20201005111603j:plain

f:id:martintan:20201005111936j:plain

 

そして、待つこと暫し

17時9分発の豊橋行の列車が入ってきました。

f:id:martintan:20201005112834j:plain

 

午前6時に豊橋駅をスタートした

飯田線秘境駅の旅は、

中井侍駅小和田駅、(水窪駅、)千代駅為栗駅金野駅田本駅で下車し

各駅の周辺を散策し

田本駅17時9分発の豊橋行の列車に乗車して

最後の旅路につきます。

 

f:id:martintan:20201005114950j:plain

  ↑ 車窓から見た天竜川をまたぐ吊橋

 

 

豊橋駅到着は20時16分。まだ3時間以上の各駅停車の旅が続きます。

 

途中、平岡駅では反対方向「岡谷行」の列車とすれ違いました。

平岡駅には「ふれあいステーション瀧泉閣」という宿泊施設があります。

宿泊された方の話では、3階に浴場がありなかなか趣きのある宿とのこと。

紅葉の時期に一泊二日で飯田線巡りをするのも良さそうです。

f:id:martintan:20201005114758j:plain

f:id:martintan:20201005114832j:plain