単色(モノトーン)の襖絵 ― 京都「建仁寺」小書院にて

 

f:id:martintan:20200531151923j:plain

青の「船出」が描かれた襖の反対側は

単色(モノトーン)の「凪」

 

金色の「風神雷神の図」、青の襖絵と目を惹く彩の次は単色。

 

作者の鳥羽さんは、愛知県生まれ

京都市立芸術大学美術学部を卒業

日本の伝統芸「型染め」をベースに染色画家として活躍されている。

ベトナムとの繋がりが強いようで

二つの襖絵もベトナムの水辺から着想を得たとのこと。

 

そして、完成した絵を襖に仕立て上げた表具師の方。

お名前は知らないが、

襖の一枚一枚を強烈な緊張をもって完成されたと想像する。