東洋のパナマ運河「松重閘門」と桜開花

おはようございます。

このところの忙しさで

撮影も記事掲載も滞りがちですが、

なんとか時間を作って継続していきますので

ご支援のほどよろしくお願いします。

 

 

さて、

季節外れの暖かさと寒さに翻弄され

例年よりは花見の時期が長かった桜も

葉桜へと変わってきた。

 

以前は、名古屋の「堀川」と「中川運河」という二つの運河は

名古屋市中川区山王付近で結ばれ船が行き来していた。

二つの運河は水位が異なるため

水位調節をする二つのゲートで仕切られた閘室が設けられていた。

 

現在は、閘室は埋め立てられゲートの開閉に使用された尖塔だけが

残されている。

 

 

f:id:martintan:20190411134043j:plain

 (4月第一週頃の松重閘門尖塔を彩る桜)

 

 

「東洋のパナマ運河」と称するには規模が小さすぎる感もあるが、

パナマ運河と同じ方式のゲートは、日本では松重閘門だけだ。

 

f:id:martintan:20190416100449j:plain

 

 

次回の記事では

ライトアップされた尖塔の画像とともに

松重閘門を詳しく紹介します。