レールの行き先は? ≪#22≫  ―分岐が重なり合って―

f:id:martintan:20190213005231j:plain

  (衣浦臨海鉄道半田線踏切から超望遠で撮影)

 

 

まるで「阿弥陀籤」の如く・・・

 

実は、当初の「あみだくじ」は今とは全く異なる形状だったようだ。

 

最初のあみだくじの形状は、自転車のスポークのような放射状で

その形が阿弥陀如来の光背に似ていたことから「あみだくじ」と呼ばれるようになり、

その後、江戸時代の頃には、放射状ではなく

幾本かの縦線に、ランダムに横線を書き加える形状に変わっていったそうだ。

阿弥陀如来が当たりを決めるクジ」ではないようだ。