竹と梅 《#1》ー 名古屋市農業センターにて ―

名古屋市農業センター(delaファーム)は「しだれ梅」が見事で有名だそうだ。

紹介記事によると、しだれ梅の本数は700本で全国でもトップクラス。

 

農業センターへのアクセスは

「地下鉄鶴舞線平針」下車 徒歩20分または市バス「地下鉄原」行き、「農業センター北」下車、徒歩5分」

または

「地下鉄鶴舞線赤池」下車 徒歩20分または名鉄バス「祐福寺」または「前後」行き「荒池」下車、徒歩6分」

と、比較的便利なロケーション。

 

名古屋市農業センターの案内については、この記事の最後に公式ホームページのリンクを貼っておきますのでご参照ください。

 

 

「梅まつり」の開催期間は、2月23日から3月17日までだが

近年の開花時期前倒し傾向を考慮して

覗きに行ってみた。

 

 

 ☟ 竹林と午後の太陽

f:id:martintan:20190216222723j:plain

 

 ☟ 膨らみ始めた「しだれ梅」の蕾

f:id:martintan:20190216222921j:plain

 

 ☟ 梅一輪f:id:martintan:20190216223045j:plain

 ☟ 梅の木の下に咲いていた小さな水仙

f:id:martintan:20190217221149j:plain

 

 ☟ 極一部だが咲き始めた桃色の梅の花

f:id:martintan:20190217221226j:plain

f:id:martintan:20190217221259j:plain

f:id:martintan:20190217221332j:plain

f:id:martintan:20190217230251j:plain

 

 ☟ 蝋梅

f:id:martintan:20190217230336j:plain

f:id:martintan:20190217230403j:plain

f:id:martintan:20190217230431j:plain

f:id:martintan:20190217230504j:plain

f:id:martintan:20190217230543j:plain

 

 ☟ もうすぐ満月

f:id:martintan:20190217230615j:plain

f:id:martintan:20190217230646j:plain

 

 ☟ 着陸前の航空機

f:id:martintan:20190217230739j:plain

 

 

これで松が加われば、

松、竹、梅と揃うのだが。。。

 

 ☟ 名古屋市農業センターの公式ホームページ

www.city.nagoya.jp