雪吊りと竹林の小路と数々の池 《白鳥庭園 #3》

白鳥庭園の正門を入り

道なりに左に曲がると、可憐な紫の水仙がひっそりと咲いていた。

 

f:id:martintan:20190214084540j:plain

 

休日というのに人が疎らというのは

開花した梅が少なく見頃の花が少ないからか。

f:id:martintan:20190214085547j:plain

 

  ↓ 築山から流れ出す川の滝

f:id:martintan:20190214085829j:plain

f:id:martintan:20190214090832j:plain

 

 

 

「水琴窟(すいきんくつ)」という雅で優雅な音を楽しむ楽器(「ポチョン」「ポコン」という音が聞こえる)

 ↓ 画面中央の縦に並ぶ三つの穴

f:id:martintan:20190214090144j:plain

  ↓ その穴に、この竹の先をあて反対側を耳に当てると水滴が滴る音が響く

f:id:martintan:20190214090231j:plain

 

  ↓ 東屋から眺める「雪吊り」

f:id:martintan:20190214091821j:plain

 

 ↓ 青空と雲を強調してみると

f:id:martintan:20190214093106j:plain

 「名古屋の雪吊り」は雪が積もった日にでも撮影しないとしっくりこないなぁ・・

 

 ↓ 単なる「池」ではなく

  伊勢湾に注ぎ込む木曽三川木曽川長良川揖斐川を表しているとのこと

f:id:martintan:20190214092055j:plain

f:id:martintan:20190214092202j:plain

f:id:martintan:20190214092244j:plain

f:id:martintan:20190214092945j:plain

この辺り、幾つかの木橋が架かっており、いい感じになっている。

 

 

  ↓ 小振りながら「竹林の小路」も整備されている

f:id:martintan:20190214093526j:plain

f:id:martintan:20190214093627j:plain

f:id:martintan:20190214093701j:plain

f:id:martintan:20190214093840j:plain

 

見どころ満載の庭園で、年配者の入場料は100円。

「週に五日訪れる」という方がいるのも頷ける。

紅葉の時期のライトアップも綺麗だそうだ。