東北本線岩切駅で見かけた不思議な列車  ―ちょっとマニアックな記事―

JR東北本線に乗って仙台から一関方面に北上すると

二つ目の駅が「岩切」駅

ここで東北本線は、利府駅に向かう利府支線と分離する。

 

岩切駅で下車すると、目の前に

初めて見る列車が停車していた。

 

f:id:martintan:20190202012719j:plain

  (バラストレギュレーター)

 

 

そしてもう一台。

f:id:martintan:20190202012845j:plain

    (マルチプルタイタンバー)

 

 

仙台付近は雪はあまり積もらないと聞いているが

除雪関係の列車なのかとも思ったが、

鉄道の列車に詳しい方に聞いて判明。

 

f:id:martintan:20190202094109j:plain

 

   (バラストレギュレーターの一部拡大画像)

 

 

 ヒントは

1枚目の列車に書いてある「SENKEN」の文字と

拡大画像の「Plasser&Theurer」「KSP2002E-LP」

の文字。

 

 

それは・・・

鉄道の枕木やレールを支えるバラストを整備する列車。

 

詳しくは以下のリンクを参照下さい。

 

www.senken-k.co.jp

 


Multiple Tie Tamper マルチプルタイタンパー 夜間保線作業 東海道本線

     ☝見入ってしまいますね。

 

 

Prasser&Theurer社は

本社がウィーンにあるオーストリアの会社で

線路工事用の重機を造っているメーカー。

 

鉄道に携わる会社は一般的には知られていない会社が多い。

そうした会社と社員の皆さんが鉄道技術の進歩や鉄道の整備・安全を支えている。

また一つ新しい世界を知りました。

 

東北を訪れたときには

出来れば

温泉記事や食記事を 掲載したいですね。。。