三岐鉄道北勢線の「小さな旅」(その1) ― ナロウゲージ(レール幅わずか76.2cm)―

何ごとでも、その道の達人はいるものだが

とりわけ鉄道の分野では驚異的な達人が沢山いる

 

このブログで触れる鉄道の話は

レベルの低さや誤りが多々あろうが、

広い心でお許し頂きたい。

(誤りがある場合は、是非コメント欄でご指摘ください)

 

 

大井川鉄道井川線を訪れて橋上を線路沿いに歩いた時、

井川線はナロウゲージだ」と思い込んでいて、(今はナロウゲージではない)

いつか同じナロウゲージの三岐鉄道を訪ねてみたいと思っていた。

martintan.hatenablog.com

 

 

mori583さんの素敵な鉄道ブログと鉄道画像に触発されたこともあって

久し振りに晴れた週末に、三岐鉄道沿線を歩き回ることにした

www.senrogiwa-roman.com

 

 

f:id:martintan:20181014092828j:plain

f:id:martintan:20181014092859j:plain

 

 

 

 行程としては

 西桑名駅三岐鉄道の「1日乗り放題パス」(1100円)を購入し、

三岐鉄道北勢線に乗る。

 

終点の阿下喜まで行き

日帰り温泉の阿下喜温泉「あじさいの里」で汗を流す。

 

 

 

その後、

阿下喜駅から楚原駅まで戻り

三岐鉄道北勢線最大の撮影ポイントと聞いた「ねじり橋」と「めがね橋」の撮影地点へ向かう

 

 

 ↓ 西桑名駅ではレトロな車両が待っていた

f:id:martintan:20181014094202j:plain

  ↑ 北勢線現役の車両としては最も古い車両ではないかと思う

 

f:id:martintan:20181018230009j:plain

 

  ↓ 天井が低く感じられるが、車幅はもっと狭く感じる

  ふと東京の地下鉄銀座線の車両を思い出した。

  レール幅は、新幹線の約半分しかない!!

 

f:id:martintan:20181014094719j:plain

 車両連結部が平らになっている

これは、連結部に車両を支える台車があるという珍しい構造らしい。

 

 

不覚にも、途中、ウトウトしていたら

訳もわからず

東員(とういん)駅で降ろされてしまった。

東員駅では黄色の新しい車両の電車が待っていて

そちらに乗り換えさせられた。

f:id:martintan:20181014100406j:plain

 ↑ 乗ってきた右の電車は走り去り

 

f:id:martintan:20181014100704j:plain

 ↑ 列車の天井が低いからかパンタグラフが異様に大きい(高い)感じがする

  この左側のイエローの電車に乗り換え

  

f:id:martintan:20181014100518j:plain

 

 ↓ 車窓から見た風景

f:id:martintan:20181014100944j:plain

 

 

f:id:martintan:20181014101205j:plain

  ↑ この新しい列車の連結部は見慣れた構造になっている

 

 

 ↓ 終点の阿下喜駅にある「軽便鉄道博物館」

f:id:martintan:20181014101452j:plain

 

いなべ市の公式ホームページの施設紹介記事と写真≫

国際標準軌1,435mmよりも狭い線路幅の、762mmナローゲージ

昔は国内各地で運行されていましたが昭和40年代までにそのほとんどが廃止されています。

今では国内に三岐鉄道北勢線、あすなろう鉄道内部・八王子線、黒部峡谷鉄道の3路線しか現存していません。

そのうちのひとつ、三岐鉄道北勢線は、明治45年より北勢鉄道株式会社としてその歴史をあゆみはじめ、平成26年で開業100年を迎えました。

北勢線の終着駅、阿下喜(あげき)駅に隣接する軽便鉄道博物館には、実物の電車とパネルなど貴重な資料を展示しています。

また、ご家族でお楽しみいただけるミニ電車ホクさんに乗車することもできます。

 

f:id:martintan:20181014102450j:plain

 

阿下喜駅の構内には阿下喜温泉の案内が見当たらず、

ウロウロしながら阿下喜温泉に向かった。

 

あじさいの里」は

地元の高齢者を主たる対象者にした健康増進施設という感じ。

ajisainosato.com

 

「ねじり橋」「めがね橋」ウォーキングについては

続編の(その2)にて紹介します。