クロード・モネ「睡蓮」 ― ビュールレ・コレクション ―(続編)

残すところ二日間となった名古屋市美術館でのビュールレ・コレクション

昨日、スマホの画像を緊急掲載したが・・・

この展示会に出展された作品たちは素晴らしい内容だ。

 

もっと早く見に行って、お薦めすべきであったと悔やむほど。

 

名古屋近郊にお住まいの方

多少の無理は押しても

明日・明後日で

ご覧になることを強くお勧めしたい。

 

アントニオ・カナールの「カナル・グランデヴェネツィア」のカリカリ画像

ポール・セザンヌの「赤いチョッキの少年」

ギュスターヴ・クールベの「狩人の肖像」

ポール・ゴーギャンの「贈り物」

フィンセント・ファン・ゴッホの「花咲くマロニエの枝」

カミーユ・コローの「読書する少女」

そしてチケットやポスターに掲載された

オーギュスト・ルノアールの「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」

などなど

 

 

 

美術展・演奏会そして温泉・銭湯は

写真撮影がほぼ不可能なので

ブログのテーマとしては継続が難しい。

最後の展示品であるクロード・モネの「睡蓮」の

撮影が許されているのも

お勧めする理由だ。

「睡蓮」をバックに自撮りするのも

贅沢な楽しみではなかろうか

 

そんな様子を以下に

f:id:martintan:20180923004706j:plain

 

 

 

 そしてミラーレスカメラで撮った「睡蓮」画像

f:id:martintan:20180923010850j:plain

f:id:martintan:20180923011039j:plain

 

f:id:martintan:20180923011106j:plain

 

f:id:martintan:20180923011125j:plain

 

 

昨日のスマホ画像を再掲

ミラーレスカメラの画像とどちらがいいだろうか。

f:id:martintan:20180921213418j:plain

 

そして、板取の「モネの池」画像も比較対象に

f:id:martintan:20180902113955j:plain