今や「モネの池」と呼ばれる 根道神社の「名もなき池」

皆さんは

岐阜県の観光地は?」と聞かれたら

何処を思い浮かべますか?

 

f:id:martintan:20180901190526j:plain

 

 

 

世界遺産に登録された白川郷。合掌造りの家々

飛騨高山の古い町並み

日本三大名湯の下呂温泉(他の二つは、有馬温泉草津温泉

岐阜城がある金華山長良川

養老の滝

中山道馬籠宿

根雨の薄墨桜・・・

御嶽山、白山、奥穂高等々の名峰

 

まだまだある

根道神社の前にある「モネの池」

21世紀の森公園の株杉

川浦渓谷・・・・

すごいね岐阜県

 

 

 

先日は金華山岐阜城からみた長良川岐阜市の街並の夜景を記事にしたが

今日の記事は、昨年8月に訪れた岐阜県関市板取にある「モネの池」

暫く、岐阜の美しい景色にお付き合いください。

 

martintan.hatenablog.com

 

 

渋滞が無ければ、名古屋市役所から車で1時間半ほどの距離。

 

あじさい街道と名付けられた国道256号線を北上する。

この日は、朝早いこともあってとてもスムーズだった。

残念ながら、道路の両側に植えられた紫陽花は花の時期を過ぎている。

 

 

 

やがて道の左手に看板と車数台が停まっている駐車場が見えてきた。

駐車場に車を停める。

 

道路右手の細い道を進んでいくと

神社の鳥居⛩️が見えてくる。

  

 

 

 

ウィキペディアによれば、

 

「神社の前の『名も無き池』は、

1999年頃に、近くで フラワーパーク板取の経営者小林さんが

池の周りを除草し

スイレンコウホネを植え、

近隣の住民が飼っていた鯉を放流したことに始まる

 

池の水は湧水なので、年間を通じて水温が14℃に保たれていて

湧水に微生物が含まれていないために透明度も高い

 

 写真誌『風景写真』で

2012年度の最優秀作品賞およびフォトグランプリの受賞をキッカケに

次第に有名となっていった」

そうだ

 

 

f:id:martintan:20180902113955j:plain

  ↑ 偏光フィルター無しで撮影

 

f:id:martintan:20180902113838j:plain

   ↑ 偏光フィルターを使うと水中がよく見える

 

 

 

 

池を泳ぎ回る鯉たち

f:id:martintan:20180902113800j:plain

 

f:id:martintan:20180902114022j:plain

 

 

 

 

f:id:martintan:20180902114201j:plain

   ↑ 白く光る鯉

 

f:id:martintan:20180902114252j:plain

 

 

 

f:id:martintan:20180902114347j:plain

   ↑ 水面に映る人影

 

f:id:martintan:20180902114445j:plain

  ↑ 池の大きさはこの程度

    早朝だったので、まだ観光客も少ない

 

f:id:martintan:20180902114519j:plain

  ↑ 階段上の根道神社の境内から見た「モネの池」(画面左中央)