ユキヤナギの雲海に浮かぶ桜 ―全速力で走り抜ける春を撮る―

今週のお題「お花見」

 

ユキヤナギというと ↓このようなイメージを持っていた

f:id:martintan:20180405130305j:plain

花束でいうとカスミソウのような

「出しゃばらず、他を引き立てる花」といったイメージを。

 

 

 

「愛知県緑化センターのユキヤナギがちょうど見頃」という話を聞いたので、

早速行ってみた。

「見頃」というより「お見事!」

 

 

愛知県緑化センターは名古屋市の東に位置するトヨタ市にある

トヨタ自動車㈱の本社がある世界的に有名な都市だ

名古屋から30~40km、車なら小一時間で行ける距離だ

 

f:id:martintan:20180405132311j:plain

    広場から見える景色が これ ↑

 

「なんだ。なんだ。なんだ。」

「白い雲海?」

 

 

広場から日本庭園へと向かう道の途中に

咲き誇るユキヤナギと桜があった

 

f:id:martintan:20180406164900j:plain

       ↑ ユキヤナギは「小米花」とも呼ばれている

 

近寄ってみれば、確かに稲穂のようなイメージもある。

或いは

緑色に着色すれば、沖縄料理の「海ブドウ」のよう

 

 

f:id:martintan:20180407135412j:plain

 

 

上手く説明できないんだが、

ここのユキヤナギは、ディテイルをきっちり表現するよりも

ソフトにボワッと表した方が目で見たイメージに近い

f:id:martintan:20180406165225j:plain

 

f:id:martintan:20180408233812j:plain

 

f:id:martintan:20180408234203j:plain

  ↑ ユキヤナギの奥にある日本庭園

 

f:id:martintan:20180408234251j:plain

   ↑ 途中で出会った聡明そうなワンちゃん

 

f:id:martintan:20180408235011j:plain     ↑ 日本庭園を背にしたピンクのツツジ

 

 

f:id:martintan:20180408235353j:plain

   ↑ 小さな池の中の鯉たち

 

f:id:martintan:20180408235443j:plain

  ↑ 最後にもう一度 「柔らかな画質のユキヤナギ

 

4回に分けて、全力で走り抜ける春を記事にしました。