Vibrant Green(「緑響く」)そして懐かしの AQUOS CM ―御射鹿池―

東山魁夷画伯の作品で「Vibrant Green  緑響く」という有名な絵画がある。

長野市善光寺近くにある長野県信濃美術館東山魁夷館に所蔵されているのだが、

美術館建替えのため昨年5月から休館となり

しかも再開時期は未定となっている。

 

当分は見ることが出来ないのかと諦めていたら

今年1月2日から3月4日までの間

八王子にある東京富士美術館

開館35周年記念として「東山魁夷展」を開いていることを知った。

www.fujibi.or.jp

 

上の東山魁夷展のリンクの絵が「緑響く」で、

画面の上半分を豊かな木々の緑が覆い

鏡のような水面が下半分にそれを写す。

そこに一頭の白馬。

朝靄につつまれたような幻想的な世界。

 

今から10年ほど前

シャープが液晶テレビブイブイ言わせていた頃

吉永小百合さんが登場する秀逸なCMを

次々と作って放送していた

 

「緑響く」の絵の中に吉永小百合さんが現れ

白馬に近づいていく。

白馬に寄り添ったとき

飛び立つ鳥たちで水面が乱れ

上下のシンメトリーが崩れる

そんな映像だったような記憶がある

 

絵画「緑響く」の題材となった池

AQUOSのロケ地となった池

それが御射鹿池(みしゃかいけ)

 

昨年の初秋に

御射鹿池から横谷渓谷の滝を見て歩いた

その記事を揚げるまでに本物の「緑響く」を見ておきたい。

 

この機会を逃すと

次はいつ見られるか分からない。

皆さんもお時間があれば是非ご覧あれ。