渋谷の青の洞窟 幻想的な空間と時間

青色のLEDが誕生したのは
赤色、黄色のLEDの誕生から30年ほど後のこと
それはノーベル賞の対象になるほどの
困難なレベルだったようだ。

60万個の青色LEDを散りばめてみたら。。。

渋谷から少し離れた
神南のけやき並木に設けられた青の洞窟
以前は目黒川沿いで開催していて
2016年から渋谷に移ったそうだ

坂を登って行くと
道路の両側に青のイルミネーションが見えてくる
f:id:martintan:20180107222229j:plain
そして渋谷区役所を過ぎた途端
幻想的な空間と時間に包まれる。

丸の内のゴージャスなイルミネーションと異なり
こちらはまるで異次元の空間に入り込んだ感じ
f:id:martintan:20180107222550j:plain
f:id:martintan:20180107222646j:plain
f:id:martintan:20180107230110j:plain
f:id:martintan:20180107222726j:plain
f:id:martintan:20180107222826j:plain

ワンちゃんも真っ青
f:id:martintan:20180107222904j:plain

渋谷 青の洞窟は
12月31日までの開催
残念ながら、今は見ることが出来ない

丸の内、渋谷と立て続けにイルミネーションを
撮影してみて
あらためてtatsumo77さんの
「夜景撮影と三脚」を読んで
三脚には金をかけるべきと納得

別の記事で、LUMIX GFはミラーレス一眼の名器と書いたが
LUMIX GF7はリモートリリースが使えず
スマートフォンのワイヤレス操作かタイマーになってしまうのが短所の一つ。

星や月を撮影の対象にするようになってきたら
GF7とは別に
ゴツいカメラが欲しくなりそうだ。。。